ホーム > 出会い > 出会いのきっかけがネットという人達は

出会いのきっかけがネットという人達は

最近では、結婚した男女の間で、出会いのきっかけがネットという人達のパーセンテージが段々高まっているんです。

考えてみれば、今の時代は、インターネットで、物を買ったり、調べ物をしたりすることが、当たり前の社会になってきているので、そのようなカップルが目立つようになっても、それは当然の流れです。

でも、それとは逆にネットで出会えた人と結婚するんだと親に話したら、大反対される可能性もすごくありますよね。

そういったシチュエーションではどのような方法で対処するべきなのでしょうか?

ちゃんと理由を考えておく

ネットを通じて出会ったと親に伝えて余計な波風が立ちそうだと思ったら、素直に理由を言わないというやり方もあります。

友達が紹介してくれたとか、合コンで知り合ったとか、上手に安心してもらっている人は結構いらっしゃるようです。

確かに、事実を異なることを伝えるのは良くないことだとは思いますが、まともに言うと、気まずい雰囲気になるよりは、マシだと思います。

どんな人なのかを知ってもらう

けれども、出会いのきっかけがネットだったという事実は、いずれ親にバレるのは時間の問題かもしれません。

さらに、嘘をつき続けるのは、よろしくないのかもしれません。

ですから、いつか真実がバレても深刻にならないよう親に対して相手の人がどれだけ素晴らしい人なのか、出来るだけ伝えていきます。

年収がいくらぐらいで、人格的にどんな人で、自分がどこに魅かれたのか、ということなど。

やはり、親から見ると、何がきっかけで出会うかも重要だと思いますが、それ以上に大切なことは、その人と結婚をしてあなたが幸せを手に入れられるかという点です。

だからこそ、とにかく付き合っている人のことを知ってもらえるようがんばっていきましょう。

これはネットでの出会いがメインの時代

現時点においては、ネットで出会うということは、日本の場合では、まだ少数派となっています。

しかしながら、欧米などでは、インターネットから付き合い始めることが当たり前の時代になる傾向があります。

日本でも将来的に、インターネットの出会いから結婚に到る人達が大半を占めるようになって、親もそういった出会いに何の抵抗も感じない時代が来るのだろうと思います。

出会いを大分で探す